グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




メガネ


なにか見えにくいと感じたときに、まず「メガネをかけたほうがいいかな」「メガネがずれたかな」と思いませんか?。メガネで解決できることも多いですが、メガネで何でもよくなるわけではありません。メガネで対応できるのは、近視、遠視、乱視、老視(=老眼)などによる見えにくさです。他の病気による見えにくさは、メガネでは治らないため、注意が必要です。見えにくいときは、病気の確認のために、眼科を受診することをおすすめします。

眼鏡処方について

日常生活では無意識のうちに様々な距離のものを「見て」います。生活において最も遠くを見る頻度が高い場面は「運転」です。室内でも「テレビ」は遠くにあることが多いですが、自分の「身の回り」にも色々なものが置いてあります。「パソコン」や「タブレット」は40-50cmのことが多いですが、「読書」や「スマホ」は30cmくらいで「見て」います。残念ながら、目標とする距離に合わせていないメガネでは、よく見ることはできません。遠く用のメガネをかけて運転時しやすくなったら、その分だけ手元が見えないという老眼(ろうがん)を経験されている方も多いと思われます。
意外と忘れしまいがちですが、遠近両用の「老眼鏡」は「メガネの下のほう」で見るために作られています。近くと遠くの両方を見るために遠近両用の老眼鏡を作っても、パソコン・タブレット・スマホを正面では見ることができず、かといって下で見るのも大変です。メガネを作る際に「正面で見るか・下で見るか」を考えることは意外と重要です。
メガネにはたくさんの種類があります。それは「見たい距離」や「正面で見るか・下で見るか」などに合わせて、選ぶメガネが変わるからです。当院には併設する眼鏡店や提携する眼鏡店はございませんが、メガネの処方箋の発行はいたしております。必要に応じてスタッフにお声がけください。