グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  診療のご案内 >  診療項目 >  こどもの病気

こどもの病気


こどもの成長を確かめるために、乳幼児健診や3歳児健康診査が実施されています。身長や体重が増えていると嬉しく思いますが、目の成長を確認することも大切です。こどもは大人と同じように見えているわけではありません。生後1か月あたりから視機能の発達が始まり、8歳ごろまで成長します。この時期の病気は、目の成長に好ましくなく、「こどもによくある目の病気」として知られています。病気の治療をすることで視機能は発達することが多いです。一緒にこどもの目の成長を支えていきましょう。
 

弱視(じゃくし) 

弱視(じゃくし)とは、「視力の発達が障害されておきた低視力」です。
言い換えますと、視力がうまく成長しなかった状態です。
弱視の場合は、メガネやコンタクトレンズを使用しても視力が十分でません。適切な時期に治療をすることで、視機能の発達を促すことができることが多いです。「弱い」+「視力」と書くので、「弱視だと普通学級で授業を受けられない」と心配される親御さんもおられますが、多くの場合で生活上の問題はありません。「見えにくそうにしている」こどもは少ないことから、大人が気にして働きかけることが大切です。受診して視力検査を行い、早期発見と治療を心がけていきましょう。


斜視(しゃし) 

「どこを見ているのかわからない」、「眼が寄っている」、「眼の位置がずれている」などの場合は、斜視かもしれません。ボーッとしたときに視線がずれるのを感じる方もいますが、それは病気ではありません。ほとんどの時間で視線がすれているときに、斜視を疑います。斜視には多くの種類があり、治療が可能なものもあります。子どもによくみられる病気のため、早めに見つけて治療を開始することが大切になります。

色覚(しきかく)異常

自分の見ている色と、他の人が見ている色は必ずしも同じではありません。色覚(しきかく)異常は珍しいものではなく、男性の20人に1人は色覚異常があります。しかし、自分では気がつきにくいものの1つです。色のついた絵の中から数字を見つけ出す検査を行います。必要に応じて、色の並べ替え検査を行う場合があります。検査をすることで、色の間違いやすさなど、他の人との色の感じ方の違いを本人が知ることが大切です。また周囲の人びとの理解があれば、日常生活で困ることは多くありません。一部の職業では「色味」が重要となるため、機会があれば確認しておくとよいです。