グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  診療のご案内 >  診療項目

診療項目



よくある目の病気

「眼の病気」と言っても「ドライアイ」といった身近な病気から手術を要する「白内障」まで様々な種類があります。当院では、地域の皆様の目の健康をお守りするため、検診を含めた一般診療から各種日帰り手術、またメガネやコンタクトの処方なども行っております。目のことで気になることがございましたら、気軽にお越しください。

白内障

白内障(はくないしょう)は眼科で最も有名な病気です。年齢を重ねると水晶体に濁りが出てきます。水晶体が濁った状態を白内障といい、目に入る光の量や質が低下することで、見えにくくなります。目薬や飲み薬では治らないので、困ったら手術を考えます。「見えにくい」と感じたときに、白内障ではない病気によるものだといけません。一度、目の検査にお越しください。

緑内障

緑内障(りょくないしょう)は「よくある病気」の1つです。40歳を過ぎると20人に1人は緑内障となります。
緑内障は「治ってしまう」ことがほとんどありません。高血圧や糖尿病のように、「治ることはないが、薬を使用して上手に付き合っていく」病気の1つです。ほとんどの緑内障は、目薬を使うことで抑えることができますが、残念ながら一部の緑内障では、目薬では抑えがきかず、手術が必要となります。

目の奥の病気

目の中の深い部分(目の奥側)の病気は、網膜前膜(黄斑前膜)、黄斑円孔、硝子体出血、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、裂孔原性網膜剥離などです。幸いにして「ありふれた病気」というほど多くないことと、病気と程度により治療内容が違うことから、診察を重ねることで相談をしていきましょう。これらの病気について気になることがある方は、スタッフにお声がけください。

こどもの病気

こどもの成長を確かめるために、乳幼児健診や3歳児健康診査が実施されています。身長や体重が増えていると嬉しく思いますが、目の成長を確認することも大切です。こどもは大人のように見えているわけではありません。生後1か月あたりから視機能の発達が始まり、8歳ごろまで成長します。この時期の病気は、目の成長に好ましくなく、「こどもによくある目の病気」として知られています。病気の治療をすることで視機能は発達することが多いです。一緒にこどもの目の成長を支えていきましょう。

各種日帰り手術

目の手術では、治療を目的として目を切ります。医療全体の流れとして、「切らずに治す」「切るなら小さく」することで手術の負担を減らしています。多くの目の手術は、入院を必要としない「日帰り手術」で行うものになっています。目の病気が目薬や飲み薬で治るのであれば最良ですが、残念ながら手術でないと治せない病気・病態があります。地域医療連携として、当院から総合病院へ手術を依頼(紹介)することも可能です。希望される方は遠慮なくお申し出ください。

まぶたの病気

「目は口ほどにものを言う」といいます。声を出さずとも目だけで語ることができるのは、「まぶた」がとても複雑な構造をしているからです。それにより、普段から目元を気にされる方は少なくありません。年齢が重なると、まぶたの変化を誰もが経験します。目の周りの皮膚や筋肉に緩みが起こり、表情が柔らかくなります。この目の緩みは「まぶた」や「まつげ」の問題を起こすことがあります。年齢を巻き戻すことはできませんが、一部のまぶたの病気は、治療により改善することがきます。「まぶた」を得意とする医師の診察を予約で承っております。

なみだの病気

なみだを知らない人はいませんが、なみだがどこに行っているかを知っている人は少ないと思います。なみだは、目頭の小さな穴(涙点:るいてん)をとおって、鼻に流れて行っています。この涙の通り道を涙道(るいどう)といい、外からは見ることのできない細い道です。なみだで困ったときに、涙道の検査をすることで、解決につながることがあります。当院では、「なみだ」を得意とする医師の診察を予約で承っております。

メガネ

なにか見えにくいと感じたときに、まず「メガネをかけたほうがいいかな」「メガネがずれたかな」と思いませんか?。メガネで解決できることも多いですが、メガネで何でもよくなるわけではありません。メガネで対応できるのは、近視、遠視、乱視、老視(=老眼)などによる見えにくさです。他の病気による見えにくさは、メガネでは治らないため、注意が必要です。見えにくいときは、病気の確認のために、眼科を受診することをおすすめします。

コンタクト

コンタクトレンズはとても便利で、わたしたちの生活に欠かせません。目に入れるために作られていますが、コンタクトレンズは目にとっては「異物」であることから、正しい使い方やレンズケアの方法を守る必要があります。
眼科では目を検査し、コンタクトに対する要望などを聞くことで、その人に合ったコンタクトレンズを処方します。使い方やレンズケアの方法を指導しますので、はじめての方でも安心です。